※夫婦居室における入居時の年齢は、若い方の年齢が適用となります。


 ※上記、管理運営費・食費は消費税8%込みの価格です。家賃相当額は非課税となります。
 ※食費は1日3食30日で計算しております。
 ※その他費用として、冬期間(11月〜4月)は共有部の暖房費として10,800円(税込み)頂きます。
 ※上記費用には、介護保険自己負担額・保険外サービス等の費用は含まれておりません。

シティホーム山鼻は入居時にお預かりする前払金を入居時の年齢別に想定居住期間(償却月数)を設定しております。入居三月経過後には、想定居住期間を超えて契約が継続する場合に備えて受領する額として30%の初期償却をしています。想定居住期間経過後は、新たな前払金は発生しません。
想定居住期間以内に退去となった場合には、以下の計算式に基づきお預かりした入居一時金を返還いたします。
     返還金 = 前払金 × 70% ÷ 償却期間の実日数 × 償却期間の残日数
但し入居後三月以内に退去となった場合には、30%の初期償却はありませんので、家賃相当額の日割り分のみ頂く事になります。(別途、管理運営費日割分や食費・実費サービスの費用等は発生します。)

※夫婦居室に入居後、お一人になり個室へ移動された場合について
〇3月経過の場合
…償却起算日と想定居住期間満了日は、夫婦居室へ入居した日のままとする。個室へ移った日の翌日から償却期間満了日まで個室の家賃相当額を償却することとし、その差額を返還する。
〇3月以内の場合
…個室の前払家賃分との差額を返還し、償却起算日と想定居住期間満了日は夫婦居室へ入居した日のままとする。夫婦居室へ入居した日から個室へ移動した日までの家賃相当額については、夫婦居室の家賃相当額とl個室の家賃相当額との差額の支払いを受けるものとする。

当ホームは入居者生活保障制度に加入します。(入居一時金一括払いのみ)

この制度は、ホームの基金への加入に基づき、ホーム設置者が拠出金として入居者一人当り20万円(入居契約締結日の満年齢が80歳以上の場合は13万円)を拠出することにより、万一ホーム設置者の倒産等のために全入居者がホームから退去せざるを得なくなり、入居者が入居契約を解約した場合、入居者に対し一人当たり500万円の保証金が基金から支払われる制度です。